本場の管釣りを視察する遠征釣行記2…開成フォレストスプリングス~ベリーパーク編

 いつもフィッシングパークひらののご利用ありがとうございます。

 ここからは、佐賀県のスタートアップ支援事業の担当をしていただいている下さんと一緒に視察に行きました。下さんは、フライマンでもあり、公私ともに大変お世話になっている方です。視察釣行のプランニングだけでなくレンタカーも準備してくださり、まさに至れり尽くせりでした。

 そして、やって来ました「フォレストスプリングス」。ここも来てみたかった管理釣り場の1つです。

 真夏の平日でも6~7人の釣り客がいました。ここは、湧き水を利用しているのですが、夏場でも水温が低い奇跡の水が出るので営業ができるのだそうです。魚の状態もとても良く、林養魚場さんの釣り場なのでいいサイズの魚が放流されていました。水は澄んでてきれいだし、街の中にあるとは思えない管理釣り場で雰囲気も最高に良かったです。

 神奈川まで結構時間がかかって到着が昼前になり、まずは昼食をとることにしました。

 フライランチとマス丼ぶりを注文しました。養魚場から直接魚を持ってきているそうで、新鮮でとても美味しかったです。

 この日は、あまりにも暑かったのでついゆっくりしてしまい、気が付くと移動の時間になってしまいました。残念ながら、フォレストスプリングスでは釣りをすることができませんでしたが、機会があれば、ぜひまた訪れたい管理釣り場でした。

 そして、ここにも来てみたかった「ベリーパークフィッシュオン王禅寺」です。

 中古釣具のタックルベリーが運営する管理釣り場です。ここは井戸水を利用しているそうですが、メインポンドのイチロー池はクローズしており、釣りができるのはサブロー池のみでした。 

 この日は本当に酷暑で、魚は釣れたもののすぐにギブアップしてしまいました…。今年も夏の釣りは、熱中症に要注意ですよ!!マジで危険です。

 最後に、この度の視察では、関東の管理釣り場を実際に見て、釣って、スタッフの方と交流できたことが本当に大きな収穫でした。実際に釣り場の運営に携わる方と話ができたことで、夏場の魚や水の管理の難しさを改めて実感しました。そして、大変参考になりました。今後は、フィッシングパークひらのを誰もが快適に釣りが楽しめる管理釣り場にするため、リニューアルに向けて施設やサービスを充実させていきたいと思います。

 今回、視察にご協力いただきました下さん本当にありがとうございました。この場をお借りいたしまして心から御礼申し上げます。

本場の管釣りを視察する遠征釣行記2…ジョイバレー編

 いつもフィッシングパークひらののご利用ありがとうございます。

 さて、次は、「フィッシングクラブジョイバレー」さんです。

 ジョイバレーさんには、菊地代表と赤羽根プロに連れて行っていただきました。現在、メインポンドはクローズしており、セカンドポンドで営業していました。

 ジョイバレーさんでは、赤羽根プロの新作「BlackBlast1.8g」での実釣です。

 赤羽根プロに使い方をレクチャーしてもらうと…ヤバい、これはマジで釣れます。「BlackBlast1.8g」は、とにかく振り幅が大きくて超ハイアピール。竿先や手元にバイブレーションがはっきり伝わるので何をやっているのかが分かりやすく、同じスピードで巻き続けることが簡単にできます。なので、誰が使っても結果を出しやすくなるので、初心者の方にお勧めしたいルアーです。また、驚いたのが、速く巻いてもゆっくり巻いても同じレンジをキープし続けることです。これは、レンジ攻略が楽しくなるとんでもないスプーンですよ!菊地代表も太鼓判でした。

 釣りは、1時間くらいで切り上げましたが、「BlackBlast1.8g」のおかげでこの時期なのに結構釣れて十分に楽しめました。赤羽根プロの前作サーヴァントスピアもよく釣れる大好きなスプーンですが、第2弾として満を持してリリースされた「BlackBlast1.8g」には本当に驚きました。これは、激おススメなスプーンですよ。

 視察にご協力いただきましたジョイバレーさん本当にありがとうございました。

ヴァルケイン本社を訪問しました

 いつもフィッシングパークひらののご利用ありがとうございます。

 ついに念願だった株式会社ヴァルケインの本社を訪問させていただきました。

 とにかく、ヴァルケインの何が凄いかって、50種類以上にも及ぶ正統派のエリアルアーをリリースし、ロッドやアクセサリーまでも手掛けるエリアトラウトの総合メーカーとしてトップに君臨していることです。現在も、スプーンからハードベイトまで、次々に新作ルアーをリリースし続けています。しかも、その製品のどれもにモノづくりメーカーとしてのこだわりが詰まっており、実際に魚を釣る性能が高いものばかりです。さらに、それらが、比較的手に入りやすいこともしっかり製品管理がされている証拠であり、メーカーとして超一流なのです。つまり、信頼できるメーカーというのが大きいと思います。(下のリンクをぜひ参照してください。)

 この訪問は、フィッシングパークひらののYouTube動画「教えて菊地さん!」でもおなじみの菊地代表が、快く受け入れてくださって実現しました。菊地代表は、ニジマス愛に溢れる、エリアトラウト業界の発展に尽力されてきた方です。私自身、菊地代表の考えに大変共感するものがあります。

 そして、今回は、あの赤羽根プロにも同席していただき、フィッシングパークひらのや九州のエリアトラウトについて様々なアドバイスをしていただくとともに、今後の打ち合わせを行いました。あっという間でしたが、大変有意義な時間となりました。

 ここが菊地代表のルアー製作を行う作業場です。ここから、数々の名作ルアーたちが生み出されてきたのです。こんなシークレットな部分まで見せていただき、めちゃくちゃ感激です。

 これまで、フィッシングパークひらのというか私自身が、あくまでも菊地代表個人と友人としての関係を築いてきました。しかし、今後は、本格的に九州のエリアトラウトを発展させていくために、株式会社ヴァルケインとの業務連携を進めていく予定です。

 この度、このような貴重な機会をいただきました菊地代表を始めヴァルケインの皆様には、本当に感謝しかありません。この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。