本場の管釣りを視察する遠征釣行記2…アルクスポンド宇都宮編

 いつもフィッシングパークひらののご利用ありがとうございます。

 いよいよ、フィッシングパークひらのの新規釣り場の建設が始まりました。九州のエリアの聖地を目指すべく、本場関東の管理釣り場を調査するために視察の旅に行ってきました。その様子をレポートいたします。

 まずは、株式会社ヴァルケイン様のご協力をいただき、ヴァルケインカップの決勝が行われるアルクスポンド宇都宮の視察に行ってきました。

 ヴァルケインプロスタッフの五十嵐さんが、施設を案内してくださいました。アルクスポンド宇都宮は栃木県にあり、今回、夏季の休業前にぎりぎり間に合った感じでした。関東の管理釣り場さんは、水温の上昇で魚が死んでしまうため、この時期はほとんど休業になるのだそうです。

 アルクスポンド宇都宮は、地下水を汲み上げて利用しており、広さは100m×70mくらいありました。シーズン終了間際の平日でしかも真昼間でしたが、7~8人の釣り人がいました。スタッフの皆さんから、「コンディションは期待できません。」と言われていましたが、いやいや釣れます。

 まあ、釣りも楽しめたので、室内で涼みつつお話をお伺いしました。ヴァルケインルアーの品揃えはバッチリで、なかなか手に入りにくいルアーも普通に売っていました。やっぱり釣り場にショップがあると便利ですよね。

 また、店内には、ハイエンドロッドのダーインスレイブがずらりと並んでいます。何と、アルクスポンドでは、ヴァルケインのロッドが全て無料で試投できるのです!

 さらに、ヴァルケインルアーも貸し出してくれるので、初心者の方でも安心ですね。アルクスポンドは、「初心者、子ども、女性」に優しい釣り場を目指しているそうで、フィッシングぐパークひらのも同じです。

 今回、視察させていただいたアルクスポンド宇都宮は、施設が充実しており快適に釣りが楽しめる管理釣り場で参考になるところが沢山ありました。今度は、いいシーズンに釣りに来てみたいと思いました。

 お忙しいところ視察に対応してくださったアルクスポンド宇都宮の五十嵐さん、秋本さん、森永さん本当にありがとうございました。この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。

新規釣り場の建設がスタートしました

 いつもフィッシングパークひらののご利用ありがとうございます。

 皆様、お待たせいたしました。ついに、フィッシングパークひらのの新しい釣り場の建設が開始されました。まずは、第1池の下に広がっていました雑草や木の伐採を行いました。

 今まで、生い茂った木で見えなかった山間の風景も見渡せるようになりました。タイミングが良ければ、現在の釣り場から雲海が見えるようになります。まさに、「天空のエリアトラウト」ですね。

 今まで分かりませんでしたが、草や木がなくなるとかなり広いのでした。ここに新しい釣り場ができる予定です。いやぁ、ワクワクしますね。

 本格的な工事は梅雨が明けてからになる予定ですが、とりあえず新規釣り場の建設計画が具体的に進みだしたことにホッとしております。

 クラウドファンディングにご支援いただいた皆様をはじめ、リニューアルオープンを楽しみに待ち望んでいらっしゃる皆様、フィッシングパークひらのを応援してくださっている皆様などなど…本当にお待たせいたしました。これから、フィッシングパークひらのは、エリアトラウトの発信基地として九州一の管理釣り場を目指して生まれ変わります。乞うご期待です!!

釣り場に休憩する場所ができます

 いつもフィッシングパークひらののご利用ありがとうございます。

 看板に引き続き、釣り場に休憩できる場所を設置しました。

 屋根の部分が結構広いので、ゆっくりスペースが取れます。これから、きれいに整地してからベンチを置く予定です。

 ここで休憩したり、食事したりできるようになります。また、天候の急変時に避難する場所としても活用していただければと思います。

 また、もう少ししたら、自動販売機も来る予定です。今後も、快適に釣りができるように施設を充実させてまいります。