もちろん年末・年始も営業してます!

 いつもフィッシングパークひらののご利用ありがとうございます。

 気が付けば、もう12月も中旬…今年も残り少なくなってきました。フィッシングパークひらのは、年末年始も休まずに営業いたします。

 今年は、驚くほどの暖冬で、まだ日中は18℃くらいあります。そのため、なかなか水温も下がりきらず安定しません。釣り人にとっては寒くなくていいのですが、冷水性の魚であるニジマスにとってはちょっと微妙な感じですよね。

 防寒してきたら暑かったという方も多かったと思いますが、週明けからは冷え込むようなのでお気を付けください。

 皆様のご利用を心からお待ちしております。

管理釣り場のルールを守って釣りを楽しみましょう

 いつもフィッシングパークひらののご利用ありがとうございます。

 「釣り時季」の放送後、おかげさまで新規のお客様が増えてきました。この機会に、再度確認させていただきますが、「フィッシングパークひらの」は管理釣り場であり、利用する際にルールがあるのです。

 当施設は、「一本針でカエシ無し」が絶対ルールであり、「ルアーとフライフィッシング専用」です。餌釣り、テンカラ釣りは禁止です。また、ジグヘッドやワーム類の使用はできません。ルアーであれば、一般的に販売されているエリアトラウト専用のルアーの使用を推奨しています。(他のルアーも針を交換すれば使えます。)また、フライフィッシングでしか毛ばりを使った釣りができません。(※カエシの付いている針は、カエシをペンチなどで潰せば使用することができます。)

 フィッシングパークひらのの魚は、当施設で釣りを楽しまれる方みんなの財産です。魚を大切に扱うように心がけてください。もし、魚にトラブルが起これば休業となり、多くの方に迷惑が掛かります。魚を大切に扱ってなるべくダメージを与えなければ、元気な魚が次回も釣りを楽しませてくれることでしょう。

 いつまでも管釣りを楽しむことができるように、くれぐれもルールやマナーを守ってください。違反行為を発見した場合は、罰金5000円をいただくとともに出禁にさせていただきますのでご了承ください。

「釣り時季」第2弾が放送されました

 いつもフィッシングパークひらののご利用ありがとうございます。

 フィッシングパークひらので、ヴァルケイン菊地代表が秋から冬にかけてのシーズンを攻略するサガテレビの「釣り時季」が放送されました。

 コンディションのいいニジマスを、スプーンを中心に攻略していきます。

 菊地代表は、朝イチから次々にニジマスをヒットさせていきます。今回、特に注目していただきたいのは、エリアトラウトフィッシングの「再現性」です。その時のシチュエーションにアジャストしたパターンをつかめば、同じ「ルアー」「巻きスピード」「レンジ」で釣れば、誰でも同じように魚が反応して釣れてしまうという「再現性」の検証です。

 ハイバースト1.6gのイエロー/ブラックでパターンをつかんだ菊地代表は、フィッシングパークひらののマスコットガールのリョウちゃんのロッドに同じルアーをつけました。そして、巻くスピード等をレクチャーすると…驚くことに、周りが沈黙している状況の中でも、一発でリョウちゃんに魚がヒット!!!菊地代表がいつも言っている「再現性」を目の当たりにすることができました。エリアって、やっぱり面白いです。

 さらに、「教えて!菊地さん」の動画とも合わせて「釣り時季」を視聴していただくと、よりエリアトラウトフィッシングの魅力が伝わると思います。

 このマジで面白い釣りにハマってみませんか?

「教えて!菊地さんseason2」遂に完結!

 いつもフィッシングパークひらののご利用ありがとうございます。

 大好評の「教えて!菊地さんseason2」も10作目になりました。そして、ついに最終回を迎えます。今回は、ミノーの後編「シンキングミノー」です。今日から使えるミノーのアプローチを、ヴァルケイン菊地代表が分かりやすく教えてくださいます。あなたを新たなステージに導く、めっちゃためになるエリアトラウトフィッシング動画をぜひご覧ください。

 今回は、シンキングミノーでした。前回のフローティングミノーとの使い分けが理解できたのではないでしょうか?シンキングミノーは沈むので、フローティングが届かない深いレンジを攻略することができます。また、そのレンジでトゥイッチなどで横方向のアプローチができるので、深場でのアピール力も抜群なのです。

 菊地代表が、「魚の新しい活性や反応の扉を開けることができる。」とまで言い切るミノーを使わない手はありませんよね。そして、ハードプラグは、やっぱり何となく使うのではなく、基本的なスペックを知っておき、通っている釣り場でどう使えば効果的なのかを把握しておくことが大切です。ルアーのスペックをパッケージやHPで確認しておくことをおススメします。ミノーもフローティングとシンキングでは、大きく特性が違います。そして、使いこなせば、今まで全く反応しなかった魚が釣れるようになるかもしれませんよ。

 「教えて!菊地さんseason2」をご視聴いただきありがとうございました。これは、12月10日(日)に放送されるサガテレビの「釣り時季」との連動企画になっています。事前に「教えて!菊地さん」シリーズの動画を視聴してから番組を見れば、菊地代表の釣り方や考え方が理解でき、より番組を楽しめるようになりますよ。また、「教えて!菊地さん」は、初心者の方をメインにしていますが、すでにエリアを始めている方にこそ見ていただきたいのです。エリアを始めたからこその「こんな時、あんな時…どうしたらいいの?」という、あなたの悩みを解決するために役立つ情報が満載なのです。何度も繰り返し視聴していただき、ぜひ、あなたのスキルアップに役立ててください。

 最後に、この企画に全面的に協力していただき、全力でエリアの魅力や楽しさを教えてくださった菊地代表に、この場を借りて厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。

「教えて!菊地さんseason2」その9ミノー前編をアップしました

 いつもフィッシングパークひらののご利用ありがとうございます。

 ルアーの使い方をヴァルケイン菊地代表がレクチャーする「教えて!菊地さんseason2」もついに9本目の動画になりました。ルアーも、スプーン、クランクときたら、次はやっぱりミノーですよね。ミノーで釣ったらなんだかテクニカルな気分で、個人的に釣った感が半端ない大好きなルアーなんです。今回は、フローティングミノーです。またまた「へぇ、そうなのか!」と、とても参考になる内容ですよ。ぜひ、ご覧ください。

 ミノーを使う釣りって、やはり渓流やシーバス、バス等のイメージが強いと思います。菊地代表が、エリアーでは他の釣りと「ミノーの概念が違う」とおっしゃっていましたね。それは、エリアが釣りを始める時点で目の前にたくさんの魚がいるところが他の釣りと大きく違うからです。つまり、どこにいるか分からない魚を広範囲から見つけ出すためのアプローチではなく、そこにいる魚を誘うためのアプローチに特化しているということです。

 そのため、ミノーも、クランクと同じで意図的にフローティングとシンキングを使い分ける必要があります。今回のテーマである「フローティングミノー」は、巻いたら潜って止めると浮くので、潜らせて浮かせるタテのアプローチを得意としているルアーなんです。トゥイッチ(素早いロッドアクションでルアーを瞬間的に移動させるテクニック)しても、前方向に弧を描いて潜りながら移動するので、やっぱり潜って浮くタテのアクションになるのです。

 動画を参考にして、ぜひミノーにも挑戦してみてください。新しい引き出しが増えて、エリアをもっと楽しめるようになりますよ。

「教えて!菊地さんseason2」その8シンキングクランク後編をアップしました

 いつもフィッシングパークひらののご利用ありがとうございます。

 「教えて!菊地さんseason2」クランク編もついにラストになりました。今まで何気に使っていたクランクですが、こんなに奥深かったなんて…と思ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか?今回は、クランク編の総まとめ的な内容になっています。ぜひご覧ください。

 まずは、フローティングで高活性な魚を狙っていると、追っては来るけど口を使ってくれない…もう少しゆっくり引きたいのに、フローティングに浮力があるから巻きを遅くするとレンジから外れてしまう。そんなレンジキープが難しい時こそが、シンキングの出番です。ゆっくり引けてレンジキープでき、アピールも抜群なシンキングクランクをぜひ使ってみましょう。菊地代表も「困ったときの救世主」と言うだけあって破壊力は抜群です。動画を参考にして、フローティングとシンキングを使い分けて、異次元の反応を体験してみてください。

 ここまで、菊地代表に、スプーンとクランクの使い方を動画でレクチャーしていただきました。これを何度も見て、釣り場で実践してもらうと、確実に今までとはアプローチが違ってくるはずです。何度も言っていますが、この釣りには再現性があるので、まずは動画と同じようにやってみるだけで、あなたにも菊地代表の理論を再現することができるわけです。そして、合わせて12月10日(日)放送の「釣り時季」を見ていただけると、菊地代表が説明してきたことが「なるほど!」と納得できると思いますよ。きっと、あなたのエリアトラウトライフがもっと楽しくなるに違いありません。

 

「教えて!菊地さんseason2」その7シンキングクランク前編をアップしました

 いつもフィッシングパークひらののご利用ありがとうございます。

 クランクってかなり奥が深すぎる。今回は、ヴァルケイン菊地代表がシンキングクランクについて教えてくれます。浮かぶクランクと沈むクランクは何が違うのか?ぜひ、動画を視聴してみてください。2つの違いが分かると思います。

 なるほどでしたね。同じクランクでも、フローティングとシンキングでは使い方が全く違うのです。でも、魚がヒットするレンジ(層)を探るということに関しては同じです。やはり、どちらもどこのレンジを引いているかが分からないと的外れになってしまいます。

 上からレンジを合わせていくイメージのフローティングは、巻きで潜らせないといけないので速めのアプローチになります。そして、どのレンジを引けているのかなかなか把握しずらいですよね。しかし、下からレンジを合わせるイメージのシンキングは、勝手に沈むのでカウントダウンで数を数えれば引いてるレンジを把握しやすいわけです。レンジを把握するにはある程度の練習が必要ですが、エリアトラウトフィッシングの再現性で、このシンキングクランクは、このくらいのカウントで沈めれば、どのレンジが引けるというのを再現することができるのです。なるほど、菊地代表が「使いこなせたら最強の武器になる。」と言うだけのことがあるわけです。

 あなたも、そんなシンキングクランクを使いこなしてみませんか?フィッシングパークひらのは、クリアウォーターで水深も1mです。クランクの練習にはもってこいですよ。

ついに来週「釣り時季」放送です

 いつもフィッシングパークひらののご利用ありがとうございます。

 12月10日(日)の「釣り時季」は、ヴァルケイン菊地代表によるフィッシングパークひらの攻略が放送されます。

 放送は、サガテレビで5:30~です。テレビ放送終了後にYouTubeでも配信されますので、当HPにてリンクいたします。また、現在、「釣り時季」との連動企画「教えて!菊地さんseason2」も好評配信中です。ぜひ、ご覧ください。

「教えて!菊地さんseason2」その6 フローティングクランク後編をアップしました

  いつもフィッシングパークひらののご利用ありがとうございます。

 大好評の「教えて!菊地さんseason2」のクランク後編です。今回は、菊地代表が、フローティングの使い方をバッチリ解説してくださっています。今日から突然エリアが上手くなるシリーズは今回も見逃せませんよ。

 いやぁ、今回も内容が濃かったですね。クランクって、ただ巻くだけでレンジキープしてくれるので簡単なイメージがあったのですが、やはり奥が深かった…菊地代表も練習が必要って言うくらいのルアーなのでした。クランクには、メーカーが意図したコンセプトや潜る深さがあるので、使い方を知らないと十分に性能を発揮できないということなんですね。そして、ルアーの性能を引き出すには、「幅を使い切る」ことが大切でした。つまりレンジの幅ですね。それを巻きスピードやロッドの角度で潜る深さを調整できるようにする練習が必要なのですね。ルアーが得意とするレンジの幅を上から下まで使いこなせたら、魚とのコンタクトが増えると菊地代表が明言されるくらい強力なルアーなのですよ。使い方をマスターしない手はありませんよね。

 みなさんも、クランクを使われる場面があると思いますが、動画を参考にして、本当のクランクの性能を引き出すように意識してみてはいかがですか?この機会に、持っているクランクの使い方を改めて調べてみるのもいいかもしれませんね。そして、フィッシングパークひらのの超クリアウォーターで、ルアーの動きや魚の反応を直接見ながら、いろいろなアプローチを試してみてください。きっと、大きなスキルアップにつながるはずですよ。

ついに初雪が…

 いつもフィッシングパークひらののご利用ありがとうございます。

 平之では、まだ紅葉が残っていますが、やっと晩秋といった感じになってきました。

 現在、平之神社は、イチョウの葉で黄色い絨毯ができていて、幻想的でとてもきれいです。

 しかし、昨日は、かなり冷え込みました。平之では、みぞれが降りました。そして、何と、作礼山では雪が積もっていました。多分、これは初雪だと思います。

 最近まで、夏日とか言ってたのに…秋がないままで、一気に冬になってしまったようです。最近は、朝夕が4~6℃くらいに冷え込みます。マジで防寒対策をしないと人間の心が折れてしまい釣りにならないくらいになってきました。

 まぁ、標高400mです。12月になって、やっと例年の平之の気温になってきたなという感じです。今まで、日によって魚のコンディションが安定しないことが多かったのですが、水温も下がってきて、このまま安定してくれると魚の活性も上がって来るかなと思っています。

 ニジマスは冷水性の魚なので、水温が下がってきた今からが本格的なエリアトラウトのシーズンです。また、12月10日(日)には、フィッシングパークひらのでの「釣り時季」が放送されます。秋から冬にかけての管理釣り場の楽しみ方を紹介します。ぜひ、お楽しみに!!

 皆様のお越しをお待ちしております。